歯内療法 | 新百合山手ファースト歯科|土曜 日曜 祝日診療

土曜日曜祝日診療TEL:044-966-9961

診療の予約はこちら »

歯内療法

診療科目:歯内療法

歯内療法とは?

歯内療法とは?

歯内療法とは、「歯の内部の治療」のことをいいます。歯の内部にある神経がある根管の処置はとても難しく、高い技術が必要とされます。歯の根っこにあたる部分は歯の土台として非常に大切な部分ですので、歯の機能を維持するために適切な処置が必要になってきます。本来なら神経の部分は歯に囲まれて守られていますが、虫歯が進行すると歯の内部まで菌が入り込み、神経が細菌に浸されてしまいます。痛みを無くすには神経を除去しなくてはなりませんが、これはただの痛み止めであり、適切な処置ではありません。歯内療法は歯の神経を無菌な状態に戻す処置を行い、根っこの問題を解決する事で、歯を長く機能させることに繋がります。

根管治療について

根管治療とは、リーマーやファイルと呼ばれる器具で細菌に感染してしまった歯質や神経を徹底的に除去し、歯の根の病気(根尖病変)を治療・予防するものです。「Root Canal Treatment」を略して「RCT」とも呼ばれます。虫歯が歯髄まで進行した場合や、根の病気になってしまった場合には、この根管治療が必要になります。
しかし、根管治療は非常に難しく、高い技術を必要とします。根っこの部分は自分で見る事ができず、かつ人それぞれ形が違うため、細菌を完全に除去することが非常に難しいのです。細菌を少しでも残してしまうと後で菌が繁殖してしまうなどのトラブルも起こり得ますが、治療が成功すれば、大切な歯を長く機能させることに繋がるのです。

当院での治療について

上記の通り、歯の根っこの部分の治療には非常に時間がかかります。
しかし、根管治療をせずに放置しておくと、以下の様な症状が現れます。

  • 噛むとひどく痛む
  • 顔が腫れてしまう
  • 隣の歯に悪影響を及ぼす
  • 最悪の場合、抜歯する必要がある

このような生活に支障のでる症状もあるので、お悩みの際は当院へお気軽にご相談ください。
時間をかけたカウンセリングで患者様の大切な歯を残すための治療計画を一緒に考えて参ります。

施術医紹介

野田 哲朗

ペンシルバニアクリニック
野田 哲朗/ Tetsurou Noda

歯内療法専門医

経歴:
2001年 北海道大学歯学部 卒業
PESCJ:Penn Endo Study Club in Japan 修了、及び所属
PESCJ 歯内療法認定医・インストラクター
ペンシルバニア大学 Microscopic Training Course in Surgical Endodontics 修了
AAE:米国歯内療法学会 Associate Member
JEA:日本歯内療法学会 所属

新百合山手ファースト歯科
TEL
044-966-9961
住所
神奈川県川崎市麻生区万福寺 3-1-1 ハレアカラ1F
最寄り駅
新百合ヶ丘駅
診療時間
休診日:祝日の月曜日のみ休診
※現在、月曜~日曜まで診療しています(祝日の月曜日のみ休診)
診療時間
10:00~13:30
15:00~19:00
読み込み中です・・・

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。