インプラントとは | 新百合山手ファースト歯科|土曜 日曜 祝日診療

土曜日曜祝日診療TEL:044-966-9961

診療の予約はこちら »

インプラントとは

インプラントの歴史

インプラントの歴史

1940年代スウェーデンのブローネンマルク教授によりチタンと骨が結合することが発見されました。ブローネンマルク教授は、その生理現象を歯科においてはデンタルインプラントとして、整形外科領域においては大腿骨の人工股関節など様々な医療技術に応用していかれることを提唱されました。

このインプラントは骨の中に直接チタンの棒を入れ込むというものでしたが、1970年から80年の間に日本において行われた歯科インプラントは現在の方法とは異なっており骨の中ではなく、骨を挟み込むように歯肉の下にチタンのフレームを入れ込む「骨膜下インプラント」、また純チタンではないインプラント「サファイアインプラント」、現在の歯根の形とは異なったインプラント「ブレードタイプインプラント」など様々なインプラントが開発されました。
しかしこの当時のインプラントはことごとく失敗し、インプラント治療に対する否定的な考え方が日本に定着した原因となりました。

その間スウェーデンでは着実に研究が進み、今現在日本において利用されているインプラントは100%スウェーデン製のインプラントを模倣しているといった状況にあります。

ちなみにブローネンンマルク教授の行ったインプラント治療は、インプラントの最長記録になり45年以上機能しているインプラントもあります。

当院のインプラント治療

当院のインプラント治療

日本において発売されているインプラントは、現在20社以上となり様々なインプラントがあります。患者様からはお口の中に入っているインプラントに区別はつかないと思われますが、実際は実績のあるインプラント、最近できたばかりのインプラント等様々あるのが現状です。

インプラント選びにおいて、注意しなくてはならないのは多くの歯科医院で利用されており、さらに実績のあるインプラントでなくてはならないということです。
メンテナンスが非常に重要となるインプラントは、メーカーが違えばスクリューひとつ異なります。旅先や出張先、転居した際などあまりマイナーなインプラントがお口の中に入っていると、せっかく見つけた歯科医院でのメンテナンスが非常に困難になることがあります。

様々な観点から当院で利用しているインプラントは、ノーベルバイオケア社、ストローマン社、Zimmer社、GC社、3i社を選択しております。症例に応じまして、他社のインプラントを利用することもございますが、上記の観点により可能な限り実績のある、どこの医院でもメンテナンスのできるインプラントを利用しております。

体験者の声

【63歳 男性】「とにかくしっかり噛みたい」

右上の歯が一本だけがありました。この歯にワイヤーをかけた入れ歯を入れていました。
今までも何度も入れ歯を作ってきましたがワイヤーをかけている歯が折れたり、虫歯になったりでどんどん抜けていきました。とうとう最後の一本になったのですがこの歯もぐらぐらになってしまいました。

詳細はこちら

その他、インプラントを体験された患者様の声をこちらにてご紹介しています。

新百合山手ファースト歯科
TEL
044-966-9961
住所
神奈川県川崎市麻生区万福寺 3-1-1 ハレアカラ1F
最寄り駅
新百合ヶ丘駅
診療時間
休診日:祝日の月曜日のみ休診
※現在、月曜~日曜まで診療しています(祝日の月曜日のみ休診)
診療時間
10:00~13:30
15:00~19:00
読み込み中です・・・

地図をクリックタップすると拡大縮小できます。