初診予約 再診予約

50代女性「奥歯がぐらぐらして噛むと痛い」根っこが折れていた歯と重度歯周病の歯を抜き、骨再生術のサイナスリフト後にインプラントで治療してしっかり噛めるようになった症例

ご相談内容

「左上奥歯が昔から揺れて気になっていたが、最近は噛むと痛みがある」とご来院いただきました。

カウンセリング・診断結果

拝見すると、左上の奥歯(第1大臼歯/6番)は、歯の根っこが折れている「歯根破折」でした。
また、その隣の歯(第2大臼歯/7番)は歯周ポケットが深く「重度歯周病」となっており、歯を支える骨が溶けて無くなっていました。 これらが原因となり、歯が揺れて噛むと痛みが出ていました。

行ったご提案・治療内容

左上奥歯は2本とも残すことが難しく抜歯が必要なことをお伝えし、ご了承をいただきました。
抜いた後の修復方法は、部分的に人工の歯を入れる「入れ歯」、両隣の歯を土台として人工の歯を橋渡しする「ブリッジ」、人工の歯の根っこを埋め込み自分の歯のように噛めるようにする「インプラント」をご提案しました。
患者様は「周りの歯を守れてよく噛める方がいい」とご希望されたため、インプラント治療を行いました。

左上奥歯2本を抜く際、隣に埋まっていた親知らず(第3大臼歯/8番)もインプラント埋入時に邪魔にならないように同時に抜きました。

また、歯根破折と重度歯周病が原因で上顎の骨の高さが足りなくなっていたため、インプラントを埋入する前に、骨を再生させる材料を入れる治療「サイナスリフト」を行ってからインプラントを2本埋入しました。
その後、インプラントと顎の骨が十分に結合したことを確認してから、インプラントの被せ物「上部構造」を入れました。

術後の経過・現在のご様子

インプラントを入れた部分が痛んだり腫れたりすることもなく、しっかり噛めるようになりました。
患者様からも「周りの歯を削らずに治療できて嬉しい。物もよく噛める」とご満足いただけています。

この治療のリスクについて

今回抜歯をした原因が歯根破折と重度歯周病だったため、今後は上部構造の破折やインプラントの脱落を防ぐため、治療部位を注意深く見ていく必要があります。
そのためには、定期的にメンテナンスに通っていただくこと、セルフケアの大切さを伝えていくことが重要です。

  • 年齢・性別 50代女性
  • 診療種別 自由診療
  • 治療期間の目安 7ヶ月
  • 治療回数の目安 6回
  • 治療費総額の目安 1,035,300円
治療前 治療中 治療後

左上の奥歯(6番)が歯根破折、その隣の歯(7番)が重度歯周病です。

歯根破折した歯

上部構造を入れた後です

抜いた場所の粘膜の治りを待っています

上部構造を入れた後です

インプラント埋入して待機中です